ふれーゆでジグサビキ

ジグサビキでカマスがウハウハと聞いて渓流の禁漁を待たずに海に戻ってきた。
行く先は相変わらずのふれーゆ裏。
1年通して同じ場所で釣ってみることが大事かなという思いもあってふれーゆを選んでいる。

ふれーゆは混んでいた


手前は満員御礼。
角を曲がって2つ目のベンチより先だと少し隙間があるにはある。
その隙間にはヘチ釣りの人が入れ替わり立ち代わりでなかなか入りにくい。
しばらくベンチで日向ぼっこ。
場所が空いて入れたのが16時頃。
カマスは夕まずめからということでまだちょっと早い。
ひとまず、いつものように放置ちょい投げと胴突き仕掛けで足下を探り釣り。
今回使用した仕掛けは
チョイ投げにはいつものハゼ用天秤ではなく、「ライトショットシンカー立つ天秤」の2本鈎。
根掛かりが多いので違う形のオモリを選んでテスト。
胴突き仕掛けはメバル用の2本鈎。
オモリはナス型の3号を使った。と、いうかそれしか持ってきていなかった。
よくある仕掛けセットだと5号ぐらいのはず。
どちらの仕掛けも初めて使う。
いろいろ試して自分で使いやすいものを発見したいところ。
エサはアオイソメでターゲットはハゼ、カサゴ、メジナ、ウミタナゴあたり。
(ふれーゆではそれしか釣ったことない)

釣れている?


開始から30分はアタリ1つなく。
移動ができないので足下に魚がきてくれるのを待つしかない。
のんびりボンヤリ待っていると、竿先がツツッと引き込まれる。
久しぶりの海で久しぶりの反応に嬉しくなる。
最後にガツっとくれば合わせられるのだが、そこで終わりのようだった。
餌を換えようとしてラインを巻き上げると突然ガツガツガツっと強い引きが始まった。
こんなアタリは初めてで戸惑いつつもやり取りをする。
なかなか強い引きなのでメジナかセイゴかといったところ。
初心者セットの竿だとかなり楽しめるサイズだ。
魚が暴れるので少しこらえているとフッとラインが緩んだ。
残念ながらバラしてしまった。
ラインを巻き取ってみるとハリがなくなっている。
魚に対してハリスが細かったのかも。
でも切れるほど大きな魚のはずがないのだけどなぁ。
今回使用した仕掛けはハリスが絡むことが多くて自分と相性が悪いようだ。
もう買うことはないだろう。

ジグサビキ


その後はなにもないまま日没になったのでいよいよ本命のジグサビキ。
シーバスロッドでビュンビュン投げる。
底をとってからゆっくりシャクリながら巻いてくる。
レンジを変えテンポも変えて探っていくがヒントひとつ得られない。
そして仕掛けが重い。30分ぐらいでギブアップ。
これは釣れるようになるまで時間がかかりそうだ。
しばらく修行します。
そして、いつもの釣りに戻る。

狙っていない魚が釣れる。

18時を回った頃に今度はガッと強いアタリがあった。
アワセもなにもそのまま持って行かれる。
さっきよりも強い引きだ。今日はいったいどうなっているのか。
ハリス太めの仕掛けに交換したので今度は切れることはないだろう。
強引に巻いて浮いてきたのは大き目のセイゴ。


30cmの立派なセイゴ。
スズキとしては小さいけれど食べるには十分な大きさで嬉しい。

さらに大物が釣れた。

たまにジグサビキを投げたり足下を探ったりを続けつつ、ふとチョイ投げの竿を見ると何やら不自然な動き。
つけていた鈴はなっていないけど、風や波の影響とも違う怪しい動きだ。
巻いてみるとやたらと重い。でも、全く抵抗されない。
ハゼではないし、エイでもなさそうだ。
とにかく重いだけ。大きな海藻でも引っ掛けたかと上げてみると


50cmの立派なアナゴ。
アナゴといえば一晩かけて釣るイメージだったので暗くなったとはいえ、この早い時間に出てくるとは思っていなかった。
これまた嬉しい1匹だ。狙ってないと釣れるのね。
美味しくいただきます。
アナゴは想定していなかったので2本鈎を使っていたのだけども、それがもう見事なお祭り具合。咥えていない方のハリがアシストフックのように尻尾の刺さっていて余計にグチャグチャに絡み合っていた。


「ライトショットシンカー立つ天秤」は根掛りもしなかったし、アナゴも釣れたのでこれからしばらく使ってみようと思う。
2匹釣れて満足したし仕掛けを替えるのも面倒だしということでここで終了。
自分的にはこれからが海のシーズン。
幸先の良いスタートを切ることができた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする