ふれーゆ裏で探り釣り

餌が残っていたのでふれーゆ裏へ行ってきた。
前回と同じ胴突き仕掛けで探り釣り。
今日は潮止まりまでの3時間のチャレンジ。

いきなり好調

3つの針にアオイソメを長めつけて足元に落として底をとりテンションを張って少し待つ。
すぐに反応があり1匹目。

一番下の針にかかっていたのはウミタナゴ。
そんなにすぐに釣れたので水も用意していない状態。
慌ててバケツに水を汲んでキープした。
それから5分後に再びウミタナゴ。一回り大きくサイズアップ。
この2尾はお持ち帰りで塩焼きにして美味しくいただきました。

夕マズメからの変化

日が落ちると何度かカツっとラインを叩くような反応が多くなってきた。
当たっているというよりはラインにぶつかっているといった感じ。
魚がいるということだけは分かるのでじっくり粘ってみる。
丁寧に探っていくとククッガツッというアタリ。

上がってきたのは15cmぐらいのメバル。
今一番釣りたい魚だ。とても嬉しい。
一番上の針にかかっていた。この後も5〜10分おきに釣れて全部で4尾。
この場所はメバルが多いのかも。
こんなところで潮止まりの時間になったので本日は撤収。

胴突き仕掛けは釣れる?

胴突き仕掛けのヘチの探り釣りはそれなりに釣れます。
仕掛けも簡単だし、荷物も少ないので始めやすい。
2,3000円の竿リールセットと市販の胴付き仕掛けだけでできる。
サビキ釣りより簡単なのでおすすめです。
キワに落としすぎると枝針が貝に引っかかるのでそれだけはご注意を。

本日の釣果

・ウミタナゴ x 2
・メバル x 4

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする