横浜でボートジギング&アジング

あまりにも釣れないので、船に乗ることにしました。
オカッパリ専門のハズが、禁断のボートに・・・
釣れないというのは恐ろしいですね。

本当はたまたま、一人空きがあるとお話があったのと、
エギング、アジングのレクチャーをうけられるということもあって
今後、オカッパリで生かせるのではないかと勉強したいなと思いまして。
(いや本当ですって。)

エギングのレクチャーを受けました。

今回はSkyread FGさんにお世話になりました。
装備を整えてボートに乗り込み出発前にまずエギングのレクチャーを受けました。
短時間ではありましたが、基礎から丁寧に教えていただきました。
私が分かっていなかったことも多くて大変勉強になりました。

いざ、エギングへ

方向音痴なのでどの方向に向かっているのかはよくわかりませんでしたが、
まずはアオリイカのポイントへ。

出発してみると色々忘れ物をしていることに気がつきまして、
同行者にとても迷惑をかけてしまいました。
いや、もうそれが、エギを置いてくるというね・・・
ごめんなさい。

1.8のエギをお借りしてエギング開始です。
タックルはいつもアジングで使っているまんまです。

先ほどのレクチャー通りにシャクってみます。
が、なんだか教わった通りに体を動かすことができません。
不器用ここに極まれりといった感じです。
都度、教えてもらって動きを修正します。
それでも、うまくワインドさせることはできませんでした。

とりあえず、リールを巻きながらは諦めて2回シャクってフォールさせて
反応なければ少し巻いてまたシャクってという感じでやってみることにしました。

初アオリイカ!

軽く投げてしっかり着底させて、シャクってフォールを繰り返します。
長めのテンションフォールでイカが抱いてくるのを待ちます。
すると、数投目でグゥっと重くなりました。
焦らずしっかり巻いてくると、新子としては大きめのアオリイカが上がってきました!
水を吐かれないように船長にハンドランディングしてもらいまして
初アオリイカを無事ゲットしました!

お刺身サイズということで神経締めしてお持ち帰りとなりました。
ターゲットをこんなに早く釣ることができたのは初めてで本当に嬉しいです。

その後、すぐにヒットしましたが、ランディング直前でバラしたり、
当たっても乗らなかったりでなかなか追加できませんでした。
それでも楽しくてシャクり続けていました。
途中、コウイカっぽいものもかかりましたが、これもバラシ。
これ、運が悪いとかじゃなくて何かやり方が悪いんでしょね。
もっとうまくなりたいものです。

まさかのゲスト

その後、どうにか1杯追加して沖漬けタッパーに入れてさらなる追加をと、
もう時間を忘れてシャクり続けていたら、一際大きな当たりがきました。
イカじゃないもの。
しかも重くてラインを持って行かれます。
我慢我慢で少しづつ巻いていきました。
上がってきたのは、スズキと言っていいかもしれないシーバスでした。

捌く前に測っていると58cmのフッコでした。
あーもう、狙っていってもこんなサイズ釣れたことないのに。
エギで釣るなんて。
いや、もうこれも楽しいです。

船上はパニック

エギが丸飲みされていたので締めてから外すことにしました。
同行者にも手伝ってもらって(と、いうか、ほとんどやってもらって・・・)
ボートの後ろでワヤワヤやっているところにイカスミが降ってきました。
船長が釣り上げたイカが盛大に空に向かってスミを吐いたようです。
船上はパニック状態。

イカスミはすぐに掃除しないと落ちなくなってしまうので
ボートに付いたらすぐに水洗いをすることになっています。
しかし、フッコをどうにかして、荷物も移動させないと動きまわることもできません。
掃除しつつ、フッコを締めてエギ外すというバタバタした状態になりました。
これはこれで楽しい時間でした。(エギが外れなくて焦りはしましたが・・・)

続いてアジング

そうこうしているうちに残りの時間も少なくなっていたのでアジングに移行しました。

途中、船長が他のボートの人から聞いた話によると、
大きめのアジが表層にいるとのことでジグ単で狙うことにしました。

海面には魚の気配が濃くあって、期待は高まります。
どうやら、カマスがイワシを追っているかもとのことでした。
(私にはよく判りませんでしたけども)

34のオクトパスを0.8gのアジ弾丸につけて投げますが、反応なし。
マイクロメタルジグにも反応なし。
丸いヘッドのジグヘッドにオクトパスをつけて壁際に打つと
表面直下でアタリがありました。

違う、今回はキミじゃないよ。
10cmぐらいのカサゴでした。

その後は船長が深いところから1匹アジを出しただけで完全に空振り。
タイムアップとなり陸に戻りました。

イカ最高


船長のご好意お土産は一人3〜5杯となりました。
いやぁ、それにしても楽しかったです。

正直、釣り船は主張の強い常連さんだったりが幅を利かせているイメージがあって
乗ることはないだろうと思っていました。(金額的にも私には厳しいかなと)
でも、少人数で貸切ならボートもありだなと思い直しました。
また挑戦したいと思います。

そして、それからイカのことばかり考えています。