漂流物漂うふれーゆでアジング

はい、こんばんは。
日本一釣れない釣りブロガーのジャビです。

台風一過の翌日にまだ荒れているかなと思いつつも平日の夜にふれーゆにいってきました。
入り口側の鉄板がどこかに飛んで行ってしまったようで
荒れ荒れのふれーゆですが、人は多くて街灯1つに一人ぐらいの割合でした。
混んでいるなという印象です。

忘れ物が多すぎる

えー前回のアジングのときにワームの入った入れ物を丸ごと置き忘れて帰ってしまい、
キャロやらフロートと共にほとんどのワームを紛失してしまいまして
全部買い直しと経済的に厳しい状況です。
(幸いジグヘッドは別のケースだったので持ち帰っていました。)

で、その買い直したワームを今度は家に全部置いてくるという・・・

ジグヘッドにセットしておいたワームだけで勝負です。
いろいろ試したかったのに・・・

ゴミは多いけどアジはいる

通りすがりに覗くと少ないながらアジは釣れている様子でした。
どうにかなりそうです。
まずは最初の角から30mほど進んだ街灯の下で投げ始めます。
するとすぐに大量のゴミが流れてきて釣りにならなくなりました。
仕方がないので再奥まで移動。フェンス手前で投げます。
結局はここにもゴミはきてしまったので、何度か草を釣るはめにはなってしましました。
手前よりはすこしはマシだったかもしれません。

底をとりつつスローでリトリーブ。
たまにコツンとありますが、ゴミか底の何かにあたっているのでしょう。

すると、先ほどまで10m横でアジングしていたお兄さんたちが5mほど横まできていて
そこでアジがヒット。
むむむむむ。
3人のお兄さんたちは順繰りに上げていきます。

私はといえば、アタリはありました。
プルプルと吸い込むようなアタリ。
でも、乗りません。
2回アタリを逃したところで反応はなくなり、なけなしのワームをローテーションしてみても
どうにもなりませんでした。

明日に生かそう

釣れなかったのは残念で仕方ありませんが、何か掴みたいところです。
ショートバイトで終わってしまう理由。なんでしょう?
ジグヘッドが重かったのか、ついビクッと竿が動いてしまって違和感を与えるのか。
キャロリグ組むなり、合わせを我慢するなり修正しないといけませんね。

それにしても、本当に釣れないのでストレスで・・・

買い物が増えちゃってます。
困ったものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする