秩父でテンカラ釣り

秩父でテンカラ釣り。
台風の影響がまだまだ残っていて苦戦が予想されるこの日。
どんな状況でも釣りには行きたいのですよ。

意外と釣れる?

本流は大増水で支流も流れが早く先行していたフライマンは釣りにならないと早々に引き上げていた。
あまり期待しないで釣りあがる。
最初はニンフっぽいビーズの毛針で針は12番。ビーズの重さで楽にキャスト出来るのでお気に入りだ。ラインはレベルラインでハリスとの間にオレンジ色のラインをマーカーとして挟んでいる。
入渓地点で肩慣らしに軽くキャストすると瀬でラインが一瞬止まる。合わせてみるとそこそこの大きさのイワナがヒットした。予想外の出来事で合わせが遅れ掛かりが甘く手元でバラしてしまった。残念。
隠れていたわけでもなくガチャガチャ準備をしていた場所だったので驚いた。


その後も瀬から何匹か出るが小さい魚ばかり。流れが強くて大きい魚は出てこれないのかもしれない。
毛針をエルクヘアカディスに変更してドライテンカラ開始。沈めた方がヒット率が高いのだけどヒットの瞬間に魚が見える方が楽しい。
悪条件で苦戦するものの少し流れの緩やかなところを狙って流すと出てきてくれる。
台風以降あまり人が入っていないからなのが幸いしたかも。素敵よね。
サイズは上がらないものの8匹釣れたところでこの日は納竿。
雨に降られることもなく、そこそこ釣れて良い1日だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする