穏やかなふれーゆでのんびり釣り

自作仕掛けを使いたい一心で用事を無理矢理終わらせてふれーゆへ。
最近、調子良く釣れているので、ふれーゆなら大丈夫という気持ちだった。
それがまぁなかなか渋い日の始まり。

まずはちょい投げ

鶴見川側には混雑というほどではないが綺麗な等間隔で人が入っていて、そこに割って入るほど混んではいないので今回も角を曲がって2つ目のベンチのちょっと手前で釣ることになった。
まずはちょい投げの準備から。
ちょい投げではハゼしか釣ったことがない。アナゴやカレイなどが釣れるふれーゆでハゼだけ。もう少しなんとかしたい。魚種も釣れるパターンも増やしたいのでちょい投げで結果を出せるように練習だ。
今回は天秤に2本バリの仕掛け。と、準備したところで気がついた。これハゼ用の天秤仕掛けだからハゼしか釣れないのでは?!
・・・・・・・・・
そんなことはさておき、15mぐらい投げて今回は鈴をつけて放置。

自作の胴突き仕掛けで初釣果

海タナゴ針の仕掛けに4号のナスオモリをつけてヘチの探り釣りを開始。
いつものポイントを探っていく。
ほどなくして勢いのあるアタリがあって上がってきたのは

キミはチチブくんかね?
今年の初釣果に引き続き自作仕掛けの初もハゼ系になってしまった。
でも、釣れてよかった。

仕掛けがおかしい?

仕掛けの方はといえばとてもモトスと枝スが絡みやすい。よく見てみると枝スの向きが上下逆になっていた。サルカンとスナップをつける方向を間違えたらしい。急いで直して再投入。
少しはマシになった。でも、まだ絡む。これを改善するにはビーズかパイプが必要かもしれない。
完成仕掛けは絡みが少ない。普通によくできているなぁ。

渋いながらももう1匹

その後は反応がない渋い状態が続く。
1時間後にやっと反応があり、何度か探ってようやく1匹。


16cmのメバル。これで本当の意味でのボウズ回避。
サイズは相変わらずだけど。春には尺とは言わないまでも大き目のメバルを釣りたいものだ。

寒いようで寒くない夜

気温がぐっと下がる予報だったのに風がないおかげか寒くない。
もう1匹をと粘っている身にはありがたいことだ。
人が減って場所が空いたので鶴見川側に移動する。
書き忘れていたけど、ちょい投げの方はといえば餌が短くなって上がってくることがあっても最後まで鈴が鳴ることはなかった。
探り釣りでも反応は少なく、あっても乗るところまで食べてくれない。
後から来たスピニングリールを使ったヘチ狙いの人はすぐに2匹釣っていたので腕の問題なんだろうなぁ。
結局、その後は何も釣れないままタイムアップ。無念。

まだまだ初心者

引き出しが少なすぎてこんな渋い日はお手上げになってしまう。
まだ経験が足りないな。対応力をつけて何とかできるようになりたいものだ。
などと考えながら帰宅。

本日の釣果

チチブ x 1
メバル x 1

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする