群馬の渓流でテンカラ釣り


友人に連れられて群馬の渓へ日帰りで釣りに。気温が低くて朝のうちは大苦戦。どうにか1匹釣り上げるも続かない。今シーズン最後の予定なのでもう少し釣れて欲しいけど反応も少なめで渋い。
気分転換に枝沢に入ってチビに遊んでもらった辺りから気温が上がり始めポツポツ釣れ始める。アベレージは20cm前後。
に、しても振りにくい。ボサが多くて苦戦するテンカラに対して同行のフライマンたちはこともなくキャストし続けるので羨ましい限りだ。来シーズンはフライに転向も考えようかと思う。


午後になって堰堤を越えると開けた場所も多くなってようやくまともにキャストができて嬉しい。
どんなところでもキレイに振れる技術が欲しいものだ。


その後ようやく25cmほどのイワナがヒット。これがこの日一番の大きさ。
最後の堰堤の淵では2匹あげて終了。
遡行も難しいところはなくのんびり釣りあがるには良い渓だった。
今年は八月からやっと釣りに出かけられるようになってチョコチョコ出かけたけれど一般的な釣り人の釣行回数には遠く及ばず来年はもうちょっと回数を増やしたいものだ。秋からは海での話になる予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする