連休最終日にふれーゆで探り釣り

連休中の自由時間が飛び飛びになってしまいどこにも出掛けられないまま最終日を迎えた。
出掛けていない割りにというか、出掛けられない状況だったからなのか、やけに疲れていて渓流へ行く元気がなかったので夕方からふれーゆでのんびり釣りをしてきた。

いつもどおりのふれーゆ


連休の最終日ともなるといつもの日曜日と変わらない程度の混み具合で奥角の手前には少し入れる隙間が空いていた。
この日はヘチ釣りやエギングで歩き回っている人が多かった。スミの跡も多かったので朝方はイカが釣れていたようだ。漏れ聞こえてくるところによるとヘチ釣りはサッパリらしい。
これは探り釣りも厳しいかもしれないと思いながら準備をする。

今回の仕掛け

今回は竿2本。1本はチョイ投げで置き竿。


ハゼ釣り用の天秤仕掛けでそのうち何かかかるといいなぁぐらいの気持ち。
もう1つはいつもの胴つき仕掛けで探り釣り。
日が暮れるまでは人も多くて動き回れないし、反応も良くないだろうからあまり期待せずお茶でも飲みながらスタートする。
椅子を持って来ればよかったと後悔する。

夕マズメにメバル

16時に釣り始めて釣れたのが18時ちょっと前。なかなか渋い状況。
まずは10cmぐらいのメバル。


釣れてホッとしたし、嬉しいのだけども相変わらずのサイズ。
足元での探り釣りではこのサイズばかりなので釣り方を変えないとサイズアップは難しいのかも。
胴つき仕掛けは底の方なので中層も狙える仕掛けを用意した方がいいのかもしれない。

チョイ投げでカサゴ

チョイ投げは置き竿と言いつつも、強風でラインがフケるのでいつもよりこまめに張りを調整したり投げなおしたりしていた。
メバルを釣ってから30分経った頃、エサがついているか確認しようと巻いてみると、なんか重い。
でも、動きはない。
このパターンは魚以外かハゼかなのだが・・・


なんとカサゴが釣れていた。さっきのメバルと同じぐらいチビカサゴ。
初めて釣った。チョイ投げでハゼ以外が釣れたのも実は初めて。
大きさ関係なく嬉しい。
今後もチョイ投げに期待したい。仕掛けも少し良いものにしようかな。

最後にガツンと

それからまた30分。


最初のより一回り小さいメバル。
釣り上げると横にいたヘチ釣りの人から「釣れたねぇ」と。
小さいですよと返すと「釣れるだけいいよ」とのこと。
ヘチ釣りには厳しい日だったようだ。
胴つき仕掛けにしてもそれは同じで、その後は移動可能な10mぐらいの範囲は全く反応がなくなってしまった。
人も少なくなってきたので手前の角の方に移動する。
さっきまでサビキ釣りをしていたところなのでヘチの人も落としてないフレッシュな場所。
ここはワンチャンスと期待を込めて仕掛けを投入する。
底について一拍。ガツンとひったくるようなアタリがきた。
程よい引きが嬉しい。


20cmのメジナだった。サイズアップが嬉しい。
小さくてもしっかり引いてくれるから楽しい魚だ。
最後に釣れてよかった。
そんな感じで連休も終わり。
秋までは渓流ばかりだけど、たまには海もいいよねと思う1日であった。
次回は少し道具や仕掛けをパワーアップしたいと思っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする